妊娠して初めてのイベント戌の日

妊娠期間中のイベントである戌の日はどのような行事なのか、由来などの基礎知識についてご説明します。十二支の戌に当たる11日目の日付のことをいいます。犬は多産でありながらお産が軽く、安産の守り神とされてきました。これにあやかるため安定期に入る妊娠5ヵ月目の最初の戌の日に子宝に恵まれたことに感謝し、妊婦さんと授かった子どもが健康に生まれてくることを願い腹帯(岩田帯)を巻いて安産祈願を行うようになったといわれています。腹帯はお腹の冷えや大きくなるお腹を支えてくれるので妊婦さんの腰の負担を軽減させたり、胎児の位置を安定させ発育を助けたり、出産に対する心構えを持たせる効果があるそうです。

妊娠5ヶ月に入ったら安産祈願

日本では昔から妊娠5ヶ月の安定期に入ると、戌の日に神社にお参りに行って安産祈願をするという風習があります。犬の妊娠は多頭出産で比較的安産であることから、安産の守り神として親しまれてきました。そのことから妊婦と赤ちゃんの無事を祈って、安産祈願が行われるようになりました。地域差などはありますが一般的にはお腹に巻く腹帯を持って祈願をしてもらった後、その腹帯を巻くといった流れになります。 最近ではご祈祷が堅苦しいイメージのため行わない人もいますが、普段着などで行っても問題ない所が多いです。気軽に日本伝統の安産祈願を受ける事で、より妊婦さんや家族の赤ちゃんを授かった事への感謝の気持ちが湧いてきます。

↑PAGE TOP